×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
正負の数の和差
■ 多くの数の和や差を求めるとき,正の部分と負の部分を分けて計算すると楽です.
例1  5+8+9−3−7−6=(5+8+9)−(3+7+6)=22−16=6
例2  12−13+15−8+9=(12+15+9)−(13+8)=36−21=15
例3  5−7+8−10+3=(5+8+3)−(7+10)=16−17=−1
《問題1》 上の例にならって,次の計算を正の部分と負の部分に分けて計算するとき,次の空欄(上の例の青字の部分)を埋めなさい.
(10勝ごとに賞状が出ます.)

 
 


 




■ 小さい数から大きい数を引くと、負の数になります.そのとき、大きい方から引いて符号をマイナスにします.
一般に: ○−□=−(□−○) が成り立ちます.

例1 15−23=−(23−15)=−8
例2 8−11=−(11−8)=−3

《問題2》 次の空欄(上の例の青字の部分)を埋めなさい.
(10勝ごとに賞状が出ます.)
問題 
 

 
 



←メニューに戻る