×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

■ 変化の割合とグラフ
■解説
 xの値が増加するときのyの値の「変化の割合」は,
(yの増加量)÷(xの増加量)
です。


 「変化の割合」は
(yの増加量)÷(xの増加量)
だけで決まるので,途中経路には関係ありません。


 右の図において,xが1から3まで増加するとき(xの増加量は2),
グラフAグラフBグラフCのいずれも1から3まで増加し(yの増加量は2),
 xが1から3まで増加するときの変化の割合はいずれも2÷2=1になります。
■問題

 右の4種類のグラフの中で,xが1から3まで増加するときの変化の割合が最も大きいものを選びなさい。
 



【ヒント】


 右の4種類のグラフの中で,xが2から4まで増加するときの変化の割合が2に等しいものを選びなさい。
 



【ヒント】


 右の4種類のグラフの中で,xが増加するときyはつねに増加するものを選びなさい。
 



【ヒント】

(問題文をよく読もう)

 右の4種類のグラフの中で,x=2のときのyの値が最も大きいものを選びなさい。
 



【ヒント】


 右の4種類のグラフの中で,x>0のときyが減少するものを選びなさい。
 



【ヒント】

●===メニューに戻る