×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

■ a の値
 
[解説]
 「式の変形によって方程式の解を求める」ことは重要な方法ですが,ある数が方程式の解であるかどうかだけならば,右の例のように値を代入するだけで分かります。

x に値を代入することにより,次のような問題が解けるようになります。

 x=3 が方程式 x+a=10 の解であるように,定数 a の値を定めなさい。
答案
x=3 を代入すると
3+a=10
a=7 ・・・答
(※ a の方程式を解くことになります。)

x=3 は,方程式 3(x - 1)=2(6 - x) の解です。
なぜなら,3(3 - 1)=6 , 2(6 - 3)=6
となり,代入すると等しくなるからです。

x=2 は,方程式 3(x - 1)=2(6 - x) の解ではありません。
なぜなら,3(2 - 1)=3 ,2(6 - 2)=8
となり,代入したとき等しくないからです。
[問題] 次の方程式の解が,[  ]内に示された値となるように,定数 a の値を定めなさい。

Step
1 2 3 4 5 6
6題あります。
正しいものを選びなさい:
Top