×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
接弦定理 no.3

《問題》
 右の図において,直線ATは点Aにおける円の接線である.
 CA=CB,ACB=110のとき,xを求めなさい.
(「栃木県 平成11年度」問題の引用)
(以下の欄は,このホームページの作者が個人で追加したものです.)

x=
 
 


  右の図のように,三角形ABCが円Oに内接し,直線TT’は点Aで円Oに接している.
CAT=70のとき,BACの大きさを求めなさい.
(「岐阜県 平成11年度」問題の引用)
(以下の欄は,このホームページの作者が個人で追加したものです.)

BAC
 
 

  図で,△ABCは円に内接している.また,Dは点Aにおける円の接線と直線CBとの交点である.ACB=35ADB=45のとき,BACの大きさは何度か.
(「愛知県B 平成11年度」問題の引用)
(以下の欄は,このホームページの作者が個人で追加したものです.)
BAC=

←メニューに戻る