×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

文章題では,問題をじっくり読むことが大切です.
ここでは問題を読む練習を中心に行います.
答を気にせずに,問題を読むことに集中しましょう.


《もとの問題1》
 Aの箱には1,2,3,4,5の数字を書いた球が,それぞれ1個ずつ入っている.また,Bの箱には6,7,8,9の数字を書いた球が,それぞれ1個ずつ入っている.
 いま,A,Bの箱から1個ずつ球を取り出すとき,2個の球に書かれた数字の積が偶数になる確率を求めよ.(「京都府 平成6年度」問題の一部引用)
《答える前に》 次の表のうち「2個の球に書かれた数字の積が偶数になる」ものにをつけなさい.
 

(もとの問題の答を見たい人は→)


《もとの問題2》
 右のような展開図を組み立てた さいころ A,Bがある.Aは3の目を2の目に,Bは6の目を5の目に,それぞれ変えてある.
 さいころA,Bを同時に投げるとき,出る目の数の和が9以上になる確率を求めよ.(「京都府 平成9年度」問題の一部引用)
《答える前に》 次の表は,A,Bのさいころの目の数の和を書いたものです.空欄を埋めなさい.(タブキーで空欄を移動できます)
 
の表
10
10
11

(もとの問題の答を見たい人は→)


《もとの問題3》
 右の図のように,Aさんは1,2,3,4,5の数字が,B君は2,3,4,5,6の数字が書かれた5枚のカードを持っている.2人が5枚のカードをそれぞれよくきり同時に1枚ずつ出して,大きい数の方が勝ち,小さい数の方が負け,同じ数ならば引き分け,というゲームを行う.
 1枚目に出したカードにおいて,B君が勝つ確率を求めよ.
 (「京都府 平成10年度」問題の一部引用)
《答える前に》 次の表はA,Bのカードの出し方を書いたものです.この表の空欄のうちで,B君の勝ちとなるところにをつけなさい.
 

(もとの問題の答を見たい人は→)


《もとの問題4》
 右の1図のように,1から6までの整数が1つずつ書かれた立方体のさいころがある.このさいころを,各頂点に集まる3辺の中点を通る平面で切り取り,2図のような立体をつくる.この立体の切り口に,それぞれの切り口と隣り合う3面の数の合計を書いたとき,次の問い(1)・(2)に答えよ.ただし,1図のさいころの向かい合う2面の数の和は,どれも同じであるとする. 
(1) 9と書かれた面と隣り合う3面に書かれた数を3つとも求めよ.
(2) この立体のすべての面に書かれた数の合計を求めよ.
 (「京都府 平成11年度」問題の一部引用)
《答える前に》
1. 1図のさいころの向かい合う2面の数の和は,どれも同じであるとは,1図のさいころの目がどのように書かれているということですか.
次の展開図の空欄を埋めなさい.(タブキーで空欄を移動できます)
 
 
   
 2 
 
   

2. この立体の切り口は,全部で何個ありますか.

3. 次の展開図に示されたA〜Hの各部分に,隣り合う3面に書かれた数の合計を書きなさい.(タブキーで空欄を移動できます)


A=, B=, C=,D=, E=, F=, G=,H=

(もとの問題の答を見たい人は→)


←メニューに戻る