×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

≪解説≫ (問題は下にあります.)

 次の図は,関数y=ax2において,aが3,2,1,0.5,0.1,-0.1,-0.5,-1,-2,-3のときのグラフを描いたものです.

 これらのグラフには次のような特徴があります.
1 a>0のときは,上に開いている.a<0のときは下に開いている. 
2 y=ax2のグラフとy=−ax2のグラフとはx軸に関して対称になっている. 
(例 y=2x2とy=−2x2 
3 aの値が1,2,3と大きくなるほど,また,-1,-2,-3と小さくなるほどy軸に近づく. 
4 どのグラフも原点を通る.


≪問題をする→≫

←メニューに戻る