×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

≪解説≫

 関数y=x2のグラフは下の左図のようになります.また,このグラフの原点(0,0)付近を拡大したものは下の右図のようになり,原点付近でx軸に「なめらかに」接しています.
 このグラフを書く上で,次のような点が重要です.
1 直線ではなくまがっている.(ただし,円とは全く異なるものです.)
2 原点を通っている.  
3 上に開いている.
4 左右対称になっている. 
  


 この関数のグラフを書く上でよくある間違いには,次のようなものがあります.
 

角ばった線に
なっている
両端が
「たるんでいる」
半円形になっている
原点を通っていない
 


≪問題≫ 

 次のグラフはy=x2の概形(がいけい:だいたいの形)を描いたものです.手書きで概形を書くときでも「重要な特徴」が間違っているときは,正しいグラフとはしません.間違っている点を指摘しなさい.
 
 
上が開いていない    
  
両端がたるんでいる   
 
角ばった線になっている 
        
原点を通っていない   
         
半円型になっている   

←メニューに戻る