×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【実験1】
 次の実験はサイコロを6回,60回,600回,6000回,60000回振ったときに1の目が出る回数を,コンピュータ模擬実験として調べるものです.なお,相対度数とは,(1の目が出た回数)÷(振った回数)のことです.
 この実験は何度でもやり直すことができ,その度に結果は変わります.6回〜600回については,途中経過も見えます(Internet Explorerでは最後の目だけ見えます)6000回〜は処理速度を速くするため,計算結果のみ表示します
 
実験
1の目が出た回数
N/6との差
1の目が出た相対度数
1/6との差
合計6回振る

合計60回振る

合計600回振る

合計6000回振る
合計60000回振る
(時間がかかります)
【実験2】





※ 注
 初めから,一度にたくさん投げると,分かりにくくなります.
 6回,60回を何度も行って,特徴を見てから,6000回などをやってみるとよいでしょう.
今回試行回数
今回 1 2 3 4 5 6






累積試行回数N
累積 1 2 3 4 5 6






【問題】
上の実験を数回実行して,その結果から推定できる事柄を,次のうちから選びなさい.(1回では6回,60回,600回当たりで凹凸があります.)ここで,それそれの実験においてサイコロを振った回数をNで表わすものとします
回数が多くなると1の目が出た回数はN/6に近づき,  回数が多くなると1の目が出た回数はN/6に近づくが,  回数が多くなると1の目が出た回数はN/6に近づかないが,  回数が多くなると1の目が出た回数はN/6に近づかないし, 

↑メニューに戻る →じゃんけんの問題