×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2次方程式の解の公式
【解説】 (問題は下にあります.)
 2=a の解は  です. (中学校では,aは0以上とします.)
 ・・・(1)を  と変形すると,
解  が求まります。

どんな2次方程式でも(1)の形に変形できるので,どんな2次方程式でも解けます.

(ただし,実際に解くときは1つずつ(1)の形にするのでなく,この結果をまとめたもの:「解の公式」を使います.)

(変形を見る→)

a≠0のとき 
2次方程式 ax2+bx+c=0 の解は
 です.
これを使えばどんな2次方程式でも解けます.
例 2x2+5x+1=0 を解くには a=2,b=5,c=1 を解の公式に代入します.


【問題】
次の2次方程式の解を右の表から探しなさい.


 ↑メニューに戻る →カード合わせの遊び