×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2次方程式 (x+k)2=aの解
【解説】
 (前の復習)
  a>0のとき
  2次方程式 2=a の解はx=±だから
  ■2=a を■について解くと ■±となります.

■ a>0のとき
 
(x+k)2=a・・・・問題の形
を解くには
            ←x+k=Aとおく
2=a を解いて A=±
            ←Aをx+kに戻す
x+k=±
            ←x=(・・)にするためにkを移項する
x=−k±・・・・答の形


 (x+3)2=2 の解はx=−3
  (x−5)2=9 の解はx=5=5±3 ゆえに x=8,2
 
<答の書き方> 
x=5±3のように  
分ければ簡単になるものは,
x=8,2 に分ける.
x=−3のように  
分けても簡単にならないものは
分けなくてもよい.
x=−3+√2,x=−3−√2にしなくてもよい)
 


【問題】
 次の2次方程式を解きなさい.(解を下の表から選びなさい.)
 
  
↑メニューに戻る